February 1, 2019 / 6:04 AM / 21 days ago

ロシア疑惑の捜査対象でないと司法副長官が断言─トランプ氏=米紙

 1月31日、トランプ米大統領は、米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とのインタビューで、ローゼンスタイン司法副長官がトランプ氏の弁護士らに対して、トランプ氏がモラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査対象ではないと断言したと明らかにした。写真はワシントンで撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ米大統領は31日、米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とのインタビューで、ローゼンスタイン司法副長官がトランプ氏の弁護士らに対して、トランプ氏がモラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査対象ではないと断言したと明らかにした。

トランプ氏はさらに、自らの陣営の元顧問で、ロシア関与疑惑捜査に関連し起訴されているロジャー・ストーン被告と、内部告発サイト「ウィキリークス」の件について「話したことはない」と主張した。ストーン被告は、盗難被害に遭った民主党のメールを同サイトが公開する計画を事前に知っていた可能性を他人に示唆したことなどで、議会で虚偽証言を行った。

トランプ氏は、ウィキリークスの件でストーン被告と接触するよう誰かに指示したかとの質問には「したことはない」と答えたという。

同紙によると、トランプ氏はモラー特別検察官の捜査に関し「ローゼンスタイン氏は弁護士らに、私が対象でないと伝えた」と語った。

トランプ氏はツイッターで、この捜査について「わが国の歴史における最大の魔女狩りだ!共謀はない!」と述べていた。

NYT紙によるとトランプ氏は、それはニューヨークの検察当局による別の捜査もカバーされているかと質問されると「それについては分からない」と答えたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below