May 20, 2020 / 5:57 AM / 2 months ago

中絶認めた米最高裁訴訟の原告、買収で反対派に転じたと生前告白

米最高裁が女性の人工妊娠中絶の権利を認めた1973年の「ロー対ウェイド裁判」で匿名の原告として中絶の権利を訴えたノーマ・マコービーさんが生前、90年代に中絶反対派からお金を受け取り、反対派に転向したと告白していた。米議会で2005年撮影。(2020年 ロイター/Shaun Heasley)

[ロサンゼルス 19日 ロイター] - 米最高裁が女性の人工妊娠中絶の権利を認めた1973年の「ロー対ウェイド裁判」で匿名の原告として中絶の権利を訴えたノーマ・マコービーさんが生前、90年代に中絶反対派からお金を受け取り、反対派に転向したと告白していた。

2017年に亡くなる数カ月前に撮影されたドキュメンタリーで、マコービーさんは臨終の告白として明らかにした。

マコービーさんはこの中で「私は彼らからお金を受け取った。彼らは私をカメラの前に立たせ、何を話すべきか私に教えた」と告白。「とてもうまくいった。私はいい女優だ。もちろん今は演技していない」と語った。

このドキュメンタリーは22日に米国で放映される予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below