May 30, 2019 / 8:01 AM / in 4 months

米ジョージア州の中絶規制法、施行なら撮影困難に=ディズニー

 5月29日、米ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO、写真)は、ジョージア州で新たな人工妊娠中絶規制法が施行された場合、同州で働くことを望まない人が多数出るとの見通しから、同州での撮影を続けるのは「極めて困難」になるとの考えを述べた。ワシントンで2012年6月撮影(2019年 ロイター/Gary Cameron)

[アナハイム(米カリフォルニア州) 29日 ロイター] - 米ウォルト・ディズニー(DIS.N)のボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は29日、ジョージア州で新たな人工妊娠中絶規制法が施行された場合、同州で働くことを望まない人が多数出るとの見通しから、同州での撮影を続けるのは「極めて困難」になるとの考えを述べた。

ロイターとのインタビューで述べた。

ディズニーは「ブラック・パンサー」や「アベンジャーズ/エンドゲーム」などのヒット映画をジョージア州で撮影しており、同社が撮影から撤退すれば、プロダクションでの雇用創出を目指す同州の努力に打撃となるとみられている。

共和党のジョージア州知事は5月7日、多くの女性が妊娠を知る前の6週目ごろ、医師が胎児の心音を確認できるようになった時点からの中絶を禁止する法案に署名した。裁判所が差し止めなければ来年1月1日に発効する。

アイガーCEOは、法律が施行された場合ジョージア州での撮影を続けるかとの質問に、「極めて困難になるだろう。むしろ、続けるかは疑問だ。多くの人はジョージア州で働くことを望まなくなると思う。この点で、われわれはそうした要望を考慮する必要がある」と述べた。

また、法律が施行された場合、「(同州で)撮影を続けることが実際的とは思えない」と付け加えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below