Reuters logo
米軍の「最強」爆弾投下でIS戦闘員36人死亡=アフガン国防省
2017年4月14日 / 06:40 / 7ヶ月後

米軍の「最強」爆弾投下でIS戦闘員36人死亡=アフガン国防省

[カブール 14日 ロイター] - 米軍が13日にアフガニスタン東部で過激派組織「イスラム国(IS)」が潜伏するトンネル施設を標的に「大規模爆風爆弾(MOAB)」を投下したことを受けて、アフガニスタン国防省のワジリ報道官は14日、この攻撃でISの戦闘員とみられる36人が死亡したと発表した。

ワジリ氏によると、民間人の被害はなく、ISが他の地域への攻撃拠点として使っていた「施設のみが破壊」されたという。

MOABは「全ての爆弾の母」と呼ばれ、非核爆弾の中では最強の破壊力を持つとされる。米軍が実戦で使用したのは今回が初めて。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below