September 9, 2019 / 4:25 AM / 2 months ago

タリバン、和平協議中止受け「米国でさらに命が失われる」

[カブール/ワシントン 8日 ロイター] - アフガニスタンの反政府勢力タリバンは8日、トランプ米大統領がタリバンの有力指導者と同国のガニ大統領をワシントン郊外に招いて行う予定だった秘密会談を中止したことを受けて声明を出し、「米国でさらに命が失われることになる」と警告した。

 9月8日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンは、トランプ米大統領(写真)がタリバンの有力指導者と同国のガニ大統領をワシントン郊外に招いて行う予定だった秘密会談を中止したことを受けて声明を出し、「米国でさらに命が失われることになる」と警告した。写真はワシントンで4日撮影(2019年 ロイター/Erin Scott)

トランプ氏は大統領山荘キャンプデービッドで8日に秘密会談を行う予定だったが、アフガニスタンの首都カブールで米兵らが犠牲となった自爆テロを受け、7日に急きょ取りやめたと表明。

タリバンの報道官はトランプ氏が対話を打ち切ったことを批判し、「この結果、米国でさらに命が失われることになる」と警告。「米国の信頼性が影響を受け、反和平の姿勢が世界に暴露され、人命や資産の喪失が増えることになる」とした。

ポンペオ米国務長官は米テレビ番組のインタビューで、タリバンと和平協議を続けてきたハリルザド・アフガン和平担当特別代表を米国に呼び戻したと明らかにした。FOXニュースでアフガン和平協議はなくなったのかとの問いに「当面はそうだ」と答えた。

タリバンが意義ある合意を履行するとの確信を得られるまでは、アフガン駐留米軍を削減することはないとも語った。

ハリルザド氏は前週、135日以内に約5000人のアフガン駐留米軍を撤退させ、5カ所の基地を閉鎖することでタリバン側と暫定合意したと明らかにしていた。

ポンペオ氏は米ABCの番組で、協議決裂で1万4000人のアフガン駐留米軍の撤退計画も保留になるかとの質問に、「大統領はまだ決断を下していない」と答えた。

ポンペオ氏によると、トランプ氏は和平協議が「明確に進展」したことを受け、自身が関与する形で最終合意をとりまとめるためにキャンプデービッドでの秘密会談を決めたという。

アフガン大統領府は8日、トランプ大統領が同会談を中止したことに関し、真のアフガン和平はタリバンがまず暴力行為をやめ、アフガン政府と直接対話に乗り出した場合のみ実現可能だと主張した。

大統領府は声明で「真の和平はタリバンが停戦に合意した時に訪れる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below