June 30, 2020 / 4:26 PM / 7 days ago

米民主党、制裁含めロシアへの対応要請 米兵殺害報酬金報道巡り

[ワシントン 30日 ロイター] - 米下院情報委員会のシフ委員長(民主党)は30日、ロシアによる「悪意ある」行動を阻止するため、米国は新たな対ロシア制裁を検討する必要があるとの認識を示した。

ロシアがアフガニスタンの反政府勢力タリバン系組織に対し、米兵殺害に報奨金を出しているという米紙ニューヨーク・タイムズの報道を巡り、ホワイトハウスから状況説明を受けた後、シフ委員長はトランプ大統領はロシアのプーチン大統領を主要7カ国(G7)サミットに招待すべきではないとし、「ロシアの悪意ある行動を阻止する措置強化に向けて適切な制裁を検討すべきだ」と語った。

複数の政府筋はロイターに対し、ロシアの軍事情報部がアフガニスタンで米兵などの殺害に向けタリバン系の武装勢力に報奨金を支払ったとする米軍の機密情報報告書の存在を認めたが、ホワイトハウスはこれまでに、トランプ大統領は報告を受けていなかったと説明している。

下院軍事委員会のスミス委員長(民主党)は、ロシアが米兵殺害に報奨金を支払っているという主張について、トランプ大統領は少なくとも認識していたはずだとし、「ホワイトハウスの状況説明を踏まえると、トランプ大統領は状況を把握していたと思われる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below