for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アフリカの食料安保・気候変動適応で早期行動を=米財務長官

 1月24日、イエレン米財務長官は、アフリカや世界の長期的な食料安全保障を強化し、農業の手法・技術を気候変動に適応させるため早急に行動する必要があると訴えた。セネガル・ダカールで21日撮影(2023年 ロイター/Ngouda Dione)

[チョンウェ地区(ザンビア) 24日 ロイター] - イエレン米財務長官は24日、アフリカや世界の長期的な食料安全保障を強化し、農業の手法・技術を気候変動に適応させるため早急に行動する必要があると訴えた。

イエレン氏は「緑の気候基金」の一環としてザンビアの農村で米国が支援するプロジェクトを視察後、「このプロジェクトは、ザンビアや世界が直面する2つの最重要課題である食料安保と気候変動への適応に取り組むため、両国がいかに協力できるかを示している」と述べた。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、世界の食料安保に対する気候や紛争による既存の圧力が強まったとも指摘した。

同氏はまた、米政府は昨年、アフリカに対する20億ドルの緊急支援を約束したが、食料へのアクセスを向上するために引き続き短期的な取り組みを支援すると表明。

一方で、長期的な目標は人道支援の必要性を「例外的でまれ」なものにすることだとし、「アフリカが世界の食料・肥料市場やサプライチェーンにより完全に参加できるような未来を推進することが重要だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up