for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国内線運航は12日に正常化、FAAのシステム障害で一時大混乱

1月12日、米国で連邦航空局(FAA)のシステムに大規模な障害が発生して一時ほとんどが停止していた国内線は正常運航に戻った。写真は11日、シカゴの空港で運航再開を待つ人々(2023年 ロイター/Jim Vondruska)

[ワシントン/シカゴ 12日 ロイター] - 米国で連邦航空局(FAA)のシステムに大規模な障害が発生して一時ほとんどが停止していた国内線は、12日に正常運航に戻った。

11日に起きたこの障害により、飛行や滑走路運用などに障害になりかねない情報をリアルタイムでパイロットに伝える警告システムが使えなくなったため、同日には合計1万1300便以上が遅延や欠航となった。こうした全米規模での運航の混乱は20年余りぶりの出来事だった。

ただ航空機の運航状況追跡サイト「フライトアウェア」によると、米東部時間12日正午時点では遅延が1400便、欠航は117便にとどまっている。天候状況を踏まえると、通常の運航状態を回復したとみられる。

デルタ航空、ユナイテッド航空、サウスウエスト航空、アメリカン航空グループは12日、いずれも平常通りの運航だと報告した。

FAAはシステム障害の原因究明と再発防止のための調査を継続中。今のところサイバー攻撃の痕跡は見当たらないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up