for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アマゾン、ワシントンの有力ロビー団体との契約打ち切り=通信社

 3月30日、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは首都ワシントンの有力ロビー団体、エイキン・ガンプ・ストラウス・ハウアー・アンド・フェルドとスクワイヤ・パットン・ボグズとの契約を打ち切った。写真はアマゾンのロゴ。3月にコスタ・リカで撮影(2018年 ロイター/Juan Carlos Ulate)

[30日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムAMZN.Oは首都ワシントンの有力ロビー団体、エイキン・ガンプ・ストラウス・ハウアー・アンド・フェルドとスクワイヤ・パットン・ボグズとの契約を打ち切った。ブルームバーグが関係者の話として30日に伝えた。

契約解除は23日。トランプ米大統領は29日に自身のツイッターでアマゾンを、十分な税金を払っていない、郵便システムを酷使している、零細小売業者を倒産に追い込んでいるなどと批判した。

関連記事:アマゾン、トランプ攻撃を切り抜ける「政治影響力」

アマゾンは2団体に代わって新たにポール・ブラスウェイト・オブ・フェデラル・ストラテジーズ、ジョシュ・ホーリー・オブ・ホーリー・ストラテジーズと契約した。両団体はこれまで民泊仲介世界最大手エアービーアンドビーやオラクルORCL.Nのためにロビー活動を行った実績がある。

取材に対し、両団体のコメントは得られていない。

アマゾンが米議会上院に提出した開示文書によると、同社は現在、約15人のロビイストと契約を結んでいるほか、15のロビー団体を使っている。

アマゾンは2017年、ワシントンでのロビー活動に1540万ドルを費やした。前年は1200万ドルだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up