for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、東南アジア「優先事項」 ASEANとの首脳会議

[ワシントン 13日 ロイター] - 米国のハリス副大統領は13日、バイデン大統領がホワイトハウスで開いた東南アジア諸国連合(ASEAN)との首脳会議で、米国は東南アジア地域を優先事項と見なしているとし、何世代にもわたりこの地域にとどまると表明した。

ハリス副大統領は「インド太平洋国として、米国は何世代にもわたり東南アジア地域にとどまり、関与し続ける」と表明。「米国とASEANはビジョンを共有しており、共に国際規範への脅威から防衛していく」と表明。ただ、中国を名指しすることはなかった。

米・ASEAN首脳会議は12日にバイデン大統領がホワイトハウスで主催した夕食会で開始。米国はインフラ改善やパンデミック(世界的大流行)対策などに総額1億5000万ドルの支援を確約した。

米大統領が主催する米・ASEAN首脳会議としては2016年以来初めてで、ロシアによるウクライナ侵攻についても協議される見通し。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up