October 10, 2018 / 12:53 AM / 12 days ago

9月後半の米国債入札、債券ディーラーの落札額が増加

[9日 ロイター] - 米財務省が9日に公表した国債入札データによると、9月後半に実施された米国債入札では債券ディーラーの落札額が増加した。

 9月9日、米財務省が公表した国債入札データによると、9月後半に実施された米国債入札では債券ディーラーの落札額が増加した。写真はウォールストリートのロゴの前を通り過ぎる人たち。4月にニューヨークで撮影(2018年 ロイター/SHANNON STAPLETON)

昨年12月に成立した大型減税によって拡大する財政赤字を穴埋めするため財務省が国債発行額を増額する中、債券ディーラーの落札が増加していることが浮き彫りになった。

9月後半に実施された入札では海外投資家による2年債と7年債の落札額が前月から減少した。5年債の落札額は43億3700万ドルと、3月以来の高水準となった。

一方、債券ディーラーの落札額は増加。中でもプライマリーディーラー23社は、政府公認ディーラーの立場を維持するために落札額を増やした可能性がある。

債券ディーラーの落札額は2年債が177億0100万ドルと、前月の156億9800万ドルから増加し、2014年7月以来の高水準を記録した。

5年債の落札額も137億3400万ドルと、8月後半の98億0200万ドルから増加し、16年7月以来の高水準となった。

7年債の落札額は83億7900万ドルで、前月の71億5100万ドルから増加。16年9月以来の高水準となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below