September 24, 2019 / 2:23 AM / in a month

中国はもはや途上国でない、貿易ルール変更の必要=豪首相

 9月24日、オーストラリアのモリソン首相(写真左)は、世界の貿易ルールがもはや目的の達成に適していないと指摘し、「先進国」という中国の新たな位置付けに対応するため、変更が必要だとの認識を示した。22日にアメリカ・オハイオ州で撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[24日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は、世界の貿易ルールがもはや目的の達成に適していないと指摘し、「先進国」という中国の新たな位置付けに対応するため、変更が必要だとの認識を示した。

モリソン氏は、シンクタンクのシカゴ・グローバル評議会での講演で、中国を「新たな先進国経済」と呼び、国際機関はこの新たな中国の地位を認識し、中国のために環境を整備する必要があると述べた。

また、国際社会はこれまで中国の成長を支援するために協力してきたが、今後は世界第2位の経済大国である中国に対し、貿易関係で透明性を高め、気候変動問題への対応でより大きな責任を果たすよう求めるべきだと主張した。

トランプ米大統領も、世界貿易機関(WTO)が中国などを発展途上国として扱い、優遇措置を与えているのは不公平だとして、WTO改革の加速を求めている。

トランプ氏は今年7月、ツイッターへの投稿で「世界で最も裕福な国々が発展途上国を名乗ってWTO規則を免れ、特別扱いを受けており、WTOは壊れている。もうたくさんだ」と不満をもらした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below