July 28, 2020 / 8:16 PM / 15 days ago

米豪2プラス2、規則に基づく国際秩序の必要性で一致

[ワシントン 28日 ロイター] - 米国・オーストラリア両政府は28日に開催された外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で、規則に基づいた国際秩序を維持することが必要との見方で一致した。ただ、オーストラリアのペイン外相は、豪中関係は重要であり、害を及ぼすつもりはないと強調した。

協議はワシントンで2日間にわたって開催され、米側はポンペオ国務長官とエスパー国防長官、豪側はペイン外相とレイノルズ国防相が出席した。

ポンペオ氏は共同記者会見で、オーストラリアが中国の圧力に立ち向かっていると称賛。中国が主張している南シナ海での領有権を取り戻すために、米豪両政府は今後も協力していくと述べた。

ペイン外相は、米豪が法規範に対するコミットを共有したと指摘。中国による香港の自治への侵食のような行為に対して責任を負わせると改めて主張した。

また米豪両政府は、有害で誤った情報を監視・対応する作業部会を設立するほか、ワクチン供給など感染症を巡る協力の拡大で検討することで合意したと述べた。

一方、豪政府は中国や米国とあらゆることで合意しているわけではないとも言及。「対中関係は重要で、害を及ぼすつもりはない。ただ、われわれの利益に反することを行うつもりもない」とした。

ペイン外相は、米側との意見の相違に関する詳細な言及は避けたが、豪政府は国益と安全保障に基づき、独自に判断しているとし、「中国への対応も同様だ。われわれは経済や他の面でも強い結びつきがあり、両国の利益につながっている」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below