July 3, 2018 / 11:07 PM / 16 days ago

6月米自動車販売、予想上回る1747万台 SUV・ピックアップ好調

[3日 ロイター] - オートーデータが3日発表した統計によると、6月の米自動車販売台数は季節調整済みの年率で1747万台となった。前月の1691万台から増加し、ロイターのまとめたアナリスト予想の1700万台も上回った。

 7月3日、オートーデータが発表した統計によると、6月の米自動車販売台数は季節調整済みの年率で1747万台となった。米カリフォルニア州で2017年6月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

米国と他国による貿易摩擦が高まり、自動車関税導入を巡るけん制の応酬が自動車業界への重しとなっているものの、スポーツ多目的車(SUV)や大型ピックアップトラックの販売が好調だった。

ただ、燃料価格上昇に加え、金利上昇に伴う月々の自動車ローン支払い額の増加など、今後の販売への向かい風が存在することも指摘された。

米自動車メーカー大手は総じて堅調。フォード・モーター(F.N)の6月販売台数は小幅増。「フォード」ブランドのSUV販売は8.1%増加し、6月としては過去最高の7万7453台となった。主力のピックアップトラック「Fシリーズ」は今年、通年の過去最高を塗り替える見通し。

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)は約8%増加。「ジープ」の販売が好調で、19%増と、6月としては過去最高の販売台数を記録した。

ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は現在、月間販売台数の公表を行っていないが、4─6月期の販売台数について、トラックおよび新型クロスオーバー車が好調で、前年同期比4.6%増だったと明らかにした。

ただ、コックス・オートモーティブのエコノミスト、チャーリー・チェスボロー氏は、金利上昇によるローン支払額の増加や、ローン審査の厳格化を踏まえ、「値ごろ感が薄れつつある」と指摘。乗用車・小型トラックの販売台数は2018年に1680万台、2020年には1650万台に減少するとの見通しを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below