October 2, 2018 / 4:22 PM / 13 days ago

米自動車販売、9月はハリケーンの影響などで大幅減 セダン低調目立つ

[デトロイト 2日 ロイター] - 自動車メーカー主要各社が公表した9月の米自動車販売台数は大幅減となった。大型ハリケーン「フローレンス」の打撃を受けた地域での販売減が一因となった。

また、前年同月の販売台数は、ハリケーン「ハービー」の影響を背景とした自動車買い替え需要が旺盛で2005年以来の高水準となっていたことから、比較ベースでの落ち込みが顕著となった。

こうした中、フィアット・クライスラー(FCA)のみが全体の流れに逆行し、販売台数は15%増加。米自動車第2位のフォード・モーターを抜いた。「ジープ」ブランドやピックアップトラックの「ラム」が好調だった。

フォードは11.2%減。とりわけセダンの低調が目立ち、26%の落ち込みとなった。売れ筋で利益率が高いピックアップトラック「Fシーリズ」も約9%減、スポーツ多目的車(SUV)も2.7%減少した。

ゼネラル・モーターズ(GM)の第3・四半期の販売台数は前年同期比11.1%減。乗用車を中心にすべての主要ブランドの販売が減少した。同社は月次販売データを公表していない。

日本勢も低調。トヨタ自動車は10.4%減。セダンは約28%急減。とりわけ主力「カムリ」の販売は17%の落ち込みとなった。SUVとピックアップトラックの販売も0.3%減。

日産自動車は12.2%減。SUV・ピックアップトラックの販売が6.6%増加したものの、乗用車が35.7%の大幅減となり、全体を圧迫した。売れ筋のSUV「ローグ」も10.6%減。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below