for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ADAS搭載車事故はテスラが7割弱、米当局が各社報告を公表

 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が6月15日公表したデータによると、先進運転支援システム(ADAS)搭載自動車について昨年7月以降に報告された事故件数は392件に上り、うち7割弱に当たる273件が電気自動車(EV)大手テスラの車だった。2018年1月、ロサンゼルスで撮影(2022年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が15日公表したデータによると、先進運転支援システム(ADAS)搭載自動車について昨年7月以降に報告された事故件数は392件に上り、うち7割弱に当たる273件が電気自動車(EV)大手テスラの車だった。

NHTSAは昨年6月、各メーカーにADAS搭載車と公道で走行試験をしている自動運転システム搭載車の全事故を速やかに報告するよう指示。これまでの合計報告件数は500件を超えている。

7月以降に限ると、全体で死亡者発生事故は6件、重傷発生事故は5件。テスラに次いで事故報告が多かったのはホンダの90件だった。テスラはコメント要請に回答していない。ホンダはロイターに、運転支援システムに欠陥は見つかっておらず、事故報告はNHTSAの24時間以内に報告せよという命令に従うため、未検証の顧客からの申し立てに基づいていると説明した。

ADAS搭載車に関して、他のメーカーから10件以上の報告はなかった。

試験的な自動運転システム搭載車の事故は全部で130件だが、108件は負傷者なし。1件だけ重傷者が出ている。アルファベット傘下のウェイモが62件、ゼネラル・モーターズ(GM)傘下のクルーズが23件をそれぞれ報告した。

こうしたメーカー側の報告は現時点ではデータ収集や提示のやり方がばらばらで、当局として全体の評価が難しい面がある。米国家運輸安全委員会(NTSB)は5年前、NHTSAに対してメーカー側に事故データ報告様式の統一化を求めるよう提言している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up