for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JALとANA、米国便の通常運航再開 5G電波の影響巡り一時混乱

[19日 ロイター] - 日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は19日、米国内の新たな第5世代(5G)移動通信サービスによる影響を懸念して欠航にした一部の米国便の運航を20日から再開すると発表した。

日本航空と全日本空輸は米国便の運航を20日から再開すると発表した。米国での第5世代移動通信の新サービス開始を前に、通信電波が運航の安全性に与える影響への懸念から一部の便を欠航すると発表していた。写真は1月6日、ニューヨークで撮影(2022 年 ロイター/Bryan Woolston/File Photo)

通信大手AT&Tとベライゾンが主要空港周辺での5G運用の延期に合意したことを受けた。米航空各社は、多くの路線は通常運航していると表明した。

5Gの新サービスは19日に始まったが、通信2社が空港周辺での運用延期に合意したのは18日遅くになってからだった。

JALとANAのほかには、独ルフトハンザ、大韓航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)が欠航あるいは使用機の変更を発表した。

運航中止となったのは主に米ボーイングの777型機を使用する便だった。

ボーイング777の世界最大の運航会社であるドバイのエミレーツ航空は、19日から米国の9カ所に到着する便を欠航にした。同社のティム・クラーク社長はCNNに対し、3日間で同社便の利用者約3万2000人が影響を受けると述べ、安全リスクに関する情報発信が遅すぎたと批判した。

一方、ユナイテッド航空は、5G運用が引き続き制限されるため、混乱は小さくとどまるとの見方を示した。

連邦航空局(FAA)は新たな5Gサービスの通信電波の周波数帯と強度は航空機の無線高度計に影響を与える恐れがあると警告している。視界が悪い状況での着陸に支障が出る可能性があるという。

ボーイングは「長期的なデータに基づく解決」に向け全当事者と取り組んでいると表明した。

FAAは一方、5Gが整備された空港に関する視界が悪い状況での着陸許可について、対象を民間航空機の約62%に拡大したと発表した。従来は45%だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up