for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

5G干渉問題、「最小限の混乱」で対処へ=米連邦航空局

 2月2日、米連邦航空局(FAA)は、Cバンド周波数帯の高速通信規格「5G」サービスが航空機の運航に及ぼす影響について「最小限の混乱で安全に」対処できるとの認識を示した。写真はFAAのディクソン長官。フロリダ州 で2020年11月撮影(2022年 ロイター/Joe Skipper)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は、Cバンド周波数帯の高速通信規格「5G」サービスが航空機の運航に及ぼす影響について「最小限の混乱で安全に」対処できるとの認識を示した。

3日の議会証言の原稿をロイターが入手した。

FAAは5Gサービスの通信電波が原因で、一部の航空機の電波高度計に支障が出る恐れがあると警告していた。

FAAのディクソン長官は「5Gの追加敷設を安全に行うため」試験データを活用すると表明。旧式の高度計は交換の必要が出てくる可能性があると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up