Reuters logo
中小行の規制緩和、議会で支持集まる=コーン米NEC委員長
2017年10月17日 / 00:49 / 1ヶ月前

中小行の規制緩和、議会で支持集まる=コーン米NEC委員長

[ワシントン 16日 ロイター] - 米国のコーン国家経済会議(NEC)委員長は16日、中小銀行の規制緩和について、議会内で多くの支持が集まっているとの認識を示した。

 10月16日、米国のコーン国家経済会議(NEC)委員長は、中小銀行の規制緩和について、議会内で多くの支持が集まっているとの認識を示した。写真は9月にホワイトハウスで記者会見する同委員長(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

シカゴで開かれた米銀行協会の会合で述べた。

金融規制改革法(ドッド・フランク法)では、総資産500億ドル以上の銀行が「システム上重要な金融機関」に分類され、厳しい規制の対象になるが、この基準を引き上げることについて、議会内で「非常に多く」の支持が集まっているという。

コーン委員長は、基準を2000億ドル超に引き上げる案や、総資産額に基づく基準を廃止し、業務のリスク水準に基づく基準を設ける案に支持を表明した。

ただ、こうした案が法制化されるかどうかは不透明。下院は先に、システム上重要な金融機関に対する規制権限の緩和を盛り込んだ法案を可決したが、上院可決のめどは立っていない。

上院銀行委員会の共和・民主両党指導部は、中小銀行の規制緩和を柱とする小幅な改正案を非公式に協議しているが、この改正案に基準の引き上げや変更が含まれる可能性はある。法案はまだ作成されておらず、両党指導部の交渉が続いている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below