for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シティ、第2四半期は投資銀行部門不調 マーケッツは増収へ=幹部

 6月15日、米金融大手シティグループのマーケッツ部門グローバル責任者アンディ・モートン氏は、投資銀行部門で第2・四半期に最大55%の業績落ち込みを見込む一方、マーケッツ部門は25%を超える伸びを予想していると述べた。サンフランシスコで2009年撮影(2022年 ロイター/Robert Galbraith)

[15日 ロイター] - 米金融大手シティグループのマーケッツ部門グローバル責任者アンディ・モートン氏は15日、投資銀行部門で第2・四半期に最大55%の業績落ち込みを見込む一方、マーケッツ部門は25%を超える伸びを予想していると述べた。

モルガン・スタンレー主催のイベントで、同氏は投資銀行部門の不調について、マクロ経済や地政学的環境が原因でM&A(合併・買収)や発行業務が低迷していることが背景にあると指摘。「同部門の財布は50─55%減少しているとみられ、この水準付近で(四半期を)終える見通しだ」と述べた。

一方、コモディティーや為替を含む全ての資産市場でボラティリティーが高まっているため、マーケッツ部門については第2・四半期に前年比「25%を超える」増収を見込んでいるとした。ただ、変動が大きいため状況が急変する可能性もあると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up