for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、司法省反トラスト責任者にグーグル批判の弁護士指名

[ワシントン 20日 ロイター] - バイデン米大統領は20日、司法省反トラスト局の責任者に弁護士のジョナサン・カンター氏を指名した。カンター氏はアルファベット傘下グーグルを批判してきたことで知られ、大手ハイテク企業への規制強化に向けたホワイトハウスの姿勢が示された格好だ。

反トラスト法の執行強化推進派がカンター氏の指名を後押しした。ホワイトハウスはカンター氏について「強力かつ有意な反トラスト法の執行と競争政策を推進する重要な提唱者であり専門家」と評価した。

カンター氏は数年にわたり、グーグルの競合企業を代表してきた。司法省は昨年、競合企業を妨害しようとしたとして反トラスト法違反でグーグルを提訴している。

バイデン政権はこれまで、巨大IT批判で知られるコロンビア大法科大学院のリナ・カーン准教授を連邦取引委員会(FTC)委員長に、一握りの巨大企業が支配する経済に警鐘を鳴らしてきたコロンビア大学のティム・ウー教授を国家経済会議(NEC)のハイテク・競争問題担当に起用した。

カンター氏は今回の指名についてコメントを控えた。

上院で承認されれば、カンター氏は米経済全体の競争促進を目的とする大統領令の施行に重要な役割を担う司法省反トラスト局の指揮を執ることになる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up