for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米22年度予算案、歳出6兆ドル要求 インフラ投資など重点

[ワシントン 28日 ロイター] - バイデン米大統領は28日、2022会計年度(21年10月─22年9月)の予算教書を議会に提出した。インフラ投資や教育、気候変動対策などに重点を置き、歳出額は要求ベースで6兆0100億ドルに膨らんだ。

歳出は新型コロナウイルス禍前の19年度から36%強拡大。歳入は4兆1700億ドルを見込む。赤字額は1兆8400億ドルと、過去2年の水準からは縮小する見通しだ。

政府当局者らは、格差是正や気候変動対策などの費用が向こう15年間で完全に賄われるほか、増税効果で30年以降は赤字が縮小に向かうと予想した。

米大統領経済諮問委員会(CEA)のセシリア・ラウズ委員長は、今後2兆ドルを超える赤字削減が期待できると指摘。「これは長期的な財政問題を深刻に悪化させた前政権下での未払い減税とは大きく異なる。財政の健全性を測る上で最も重要なのは債務に対する実質的な利払いで、債務が経済に負担をかけ、他の投資を締め出しているかどうかはこれによって判断される」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up