for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン米政権、 クリーンエネルギー基準の議会承認目指す

4月1日、米ホワイトハウスは気候変動対策とインフラ投資を通した雇用促進策の一環として、全国的な再生可能エネルギー(クリーンエネルギー)基準の議会承認を目指すと明らかにした。写真は2013年10月、ワシントンの国会議事堂(2021年 ロイター/Jonathan Ernst )

[1日 ロイター] - 米ホワイトハウスは1日、気候変動対策とインフラ投資を通した雇用促進策の一環として、全国的な再生可能エネルギー(クリーンエネルギー)基準の議会承認を目指すと明らかにした。

米環境政策の調整役を担うジーナ・マッカーシー氏は記者団に対し、原子力のほか、二酸化炭素(CO2)を大気から回収し貯蔵する技術などが対象に含まれるとし、「こうした政策を追求し、議会に提出したい」と述べた。

バイデン大統領は前日、2兆ドル強のインフラ投資計画を発表。インフラ整備事業のほか、気候変動への取り組みなどが盛り込まれている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up