for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-米超党派インフラ投資法案、上院審議入りならず 共和党が阻止

(第1段落の「賛成51反対49」を「賛成49反対51」に訂正します。)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米上院は21日、バイデン大統領が超党派と合意した1兆2000億ドル規模のインフラ投資法案の審議開始に向けた動議の採決を行った。しかし、共和党からの賛成は得られず、結果は賛成49、反対51(訂正)と、法案を進めるために必要な60票には届かなかった。

同法案を巡っては、財源問題がなお解消されていないことから、共和党側から採決の延期を求める声が上がっていたが、上院民主党トップのシューマー院内総務が予定通り実施に踏み切った。

議席数100の上院では「フィリバスター」と呼ばれる議事妨害の戦術があり、これを回避して法案審議を進めるためには、過半数ではなく60票の賛成票が必要となる。与野党の議席数がそれぞれ50議席と拮抗する中、民主党は可決に向け、共和党から少なくとも10議員の支持を取り付ける必要があった。

採決実施前、複数の共和党議員は来週初めごろまでに未解決の問題が解消されることに自信を表明。その後、審議入りに向けた採決を新たに実施すれば可決される可能性があるとの見方を示していた。

共和党の重鎮ロムニー議員は「週明け26日に採決が行われると予想しており、それまでにわれわれの準備は整うはずだが、指導部次第だ」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up