for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米上院、1兆ドルの超党派インフラ法案審議へ 共和党から16人賛成

(内容を追加しました。)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米議会上院は30日、超党派による約1兆ドル規模のインフラ投資法案を巡る採決を行い、同法案を取り上げることを賛成66、反対28で可決した。党派の対立が精鋭化する中でも、米経済の底上げに向けたインフラ投資で民主、共和両党に協力する余地があることが示された。

共和党からは上院トップのマコネル院内総務を含め16人が賛成に回った。高速インターネットを巡って質問が相次ぐ中、投票が45分以上にわたって中断される場面も見られた。

超党派グループの一人である民主党のジョー・マンチン上院議員は「基本的にわれわれは正しい道を歩んでいる」と述べた。

法案にはこれまでに承認された4500億ドルのプロジェクトに加え、約5500億ドルの新規プロジェクトが盛り込まれる一方、気候変動や社会的な取り組みに対する手当は含まれていない。上院議員らは週末の間も法案の中身を巡って作業を継続する。

民主党はまた、3兆5000億ドル規模の別の法案について、単独での可決を目指している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up