for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米行政管理予算局長候補に民主党議員が反対、承認に黄信号

[ワシントン 19日 ロイター] - 米民主党のジョー・マンチン上院議員は19日、バイデン大統領によるニーラ・タンデン氏の行政管理予算局(OMB)局長指名に反対を表明した。上院で同人事案が否決される可能性が高まり、民主党の景気対策にも影響が及びそうだ。

バイデン氏は記者団に指名を撤回するつもりはないと述べ、「承認に必要な票数は確保できると思う」と語った。

タンデン氏はソーシャルメディアでの過去の辛口なコメントを巡り共和党と一部の民主党議員から批判を受けてきた。共和党の上院トップ、マコネル院内総務を「モスクワ・ミッチ」と呼んだり、テッド・クルーズ上院議員について「吸血鬼のほうが心がある」とするコメントを発信してきた。

マンチン氏は声明で、タンデン氏の「公の場での発言やツイート」を同氏の指名に反対する理由に挙げ、過度に党派的な発言が議会と次期OMB局長との重要な協力関係に「有害で壊滅的な影響を及ぼす」との見方を示した。

議会民主党はバイデン氏が提案した1兆9000億ドルの新型コロナウイルス追加景気対策の可決を目指しているが、共和党が反対姿勢を崩していないため、マンチン氏が賛成するかどうかが採決結果を左右する可能性がある。

上院は民主、共和両党の勢力が50対50で拮抗し、賛否同数となれば最後はハリス副大統領の票で決する。タンデン氏がOMB局長に就く人事案にマンチン氏が反対票を投じた場合、共和党議員の少なくとも1人が賛成票を投じなければ承認が阻まれることになる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up