for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン米大統領の一般教書演説要旨

[ワシントン 1日 ロイター] - バイデン米大統領は1日、上下両院合同会議で就任後初めてとなる一般教書演説に臨み、ロシアのプーチン大統領はウクライナの戦場で利益を得たとしても、長期的には代償を払うことになると強調した。

要旨は以下の通り。

<ロシア・ウクライナ>

「われわれはロシアに痛みを与え、ウクライナの人々を支えている。プーチン大統領はかつてないほど世界で孤立している。これから何が起きるか全く分かっていない」

「彼は戦場では利益を得るかもしれないが、長期的には高い代償を払い続けることになる」

「われわれはロシアが技術にアクセスするのを阻止している。同国の経済力は弱まり、軍は何年にもわたり弱体化するだろう」

「皆で立ち上がり、ウクライナと世界に明白なシグナルを送ろう」

「(プーチン大統領は)ウクライナに侵攻しても世界は抵抗しないと思った。しかし実際には、想像もしなかった強さの壁に直面した。ウクライナの人々に直面したのだ」

「ゼレンスキー大統領から国民一人一人に至るまで、ウクライナの人々の恐れを知らない心と勇敢さ、決意は世界を奮い立たせる」

<インフレ>

「われわれには選択肢がある。インフレと戦う1つの方法は賃金を押し下げ、米国人を今よりも貧しくすることだ。私にはもっと良い考えがある。コストを下げて、賃金は下げない。米国で製造する自動車や半導体を増やす。米国のインフラと技術革新を拡大する」

 バイデン米大統領は1日、上下両院合同会議で就任後初めてとなる一般教書演説に臨み、ロシアのプーチン大統領はウクライナの戦場で利益を得たとしても、長期的には代償を払うことになると強調した。2月ワシントンで撮影(2022年 ロイター/Kevin Lamarque)

「外国の供給網に頼る代わりに、良い収入を得られる仕事を米国に増やす。米国で製品を作ろう。インフレに対抗する私の計画は、あなた方のコストを下げ、赤字を減らすだろう」

<インフラ>

「インフラ週間の議論は終わった。われわれはインフラ・ディケード(10年間)を迎える」

「何百万人もの米国人に、国内各地の道路や空港、港、水路を近代化する良い仕事を創造する」

「これは全て、気候危機の壊滅的な影響を克服し、環境正義を推進するために行う」

「全米に50万カ所の電気自動車(EV)充電ステーション網を構築する。有毒な鉛製の水道管の交換を開始することで、全ての子ども、国民が自宅や学校できれいな水を飲めるようにする。都市や郊外、農村部、民族共同体の全ての米国人に安価な高速インターネットを提供する」

<米製造業>

「米製造業の再生:企業は国内に工場を新設することを選択している。わずか数年前なら海外に建設していただろう」

「フォードはEV生産に110億ドルを投資し、全米で1万1000人の雇用を創出している。GMもEV生産に70億ドルという同社史上最大の投資を行い、ミシガン州で4000人の雇用を生んでいる。米国の製造業は昨年だけで36万9000人の雇用が生まれた」

<税制>

「企業や富裕層に相応の負担をしてもらおう」

「『フォーチュン500』企業のうち55社が昨年、400億ドルの利益を上げながら連邦税を全く払わなかった。これは公正ではない」

「私が15%の最低法人税率を提案したのはこのためだ」

<新型コロナウイルス>

「国民が薬局で検査を受け、陽性ならその場で錠剤タイプの抗ウイルス薬を無料で受け取ることができる新たな取り組みを開始する」

「より正常な日常に向けて安全に前進する」

「より多くの米国民にワクチンを接種することは決してあきらめない」

「5歳未満の子どもへのワクチン承認を保護者が待ち望んでいることを理解している。科学者はそのために尽力しており、承認時にはわれわれは十分なワクチン供給を確保して用意が整っているだろう。抗ウイルス治療の用意もできている」

<締めくくりの言葉>

「私は今夜、合衆国の状態を報告するためここに来た。合衆国の状態は強固だ。米国民が強いためだ。われわれは1年前より強固だ。1年後には今よりさらに強くなっている」

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up