for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領、共和党トップと初会談 増税案で見解不一致

[ワシントン 12日 ロイター] - バイデン米大統領は12日、ホワイトハウスで就任後初めて共和党トップと会談を行った。共和党は政権のインフラ投資計画に支持を示したものの、財源確保のための増税には改めて反対を表明。今後の折衝は困難が予想される。

共和党のマコネル上院院内総務とマッカーシー下院院内総務は会談で、インフラ投資計画についてバイデン大統領とともに取り組む姿勢を表明した。ただマッカーシー氏は会談後「増税を行う共和党員はいない」とし、ガソリン価格の上昇などに言及し「米経済に対し増税ほど最悪のものはない」と表明。マコネル氏も、共和党にはトランプ前政権時代の2017年に実施された税制改革を再協議する意向はないとし、「これは越えられない一線であるとバイデン大統領に明確に伝えた」と述べた。

バイデン政権はインフラ投資計画の財源確保に法人税率を21%から25─28%に引き上げたい考え。ホワイトハウスのサキ報道官は「バイデン大統領は勤勉に働く国民に対する増税を計画しているわけではない」とし、「手をこまねいて何も対応しないことは容認できないというのが基調的な考えで、年収40万ドル以下の国民に対する増税は行わない」と述べた。

この日の会談に出席した民主党のペロシ下院議長は、会談を受け超党派のインフラ投資法案の実現にこれまでよりも楽観的になったとし、「価値観は異なるものの、実施を目指すことについて合意しようという見解の一致が得られた」と述べた。

ホワイトハウスは会談後に発表した声明で、大統領は約2時間にわたり「生産的な」会談を行い、特にインフラ投資計画について協力が可能な部分の洗い出しを行ったと説明。「バイデン大統領は民主・共和両党の間にいかなる相違が存在しようとも、実際の競争は米国とその他の国との間のものになると強調した」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up