for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、米認可ワクチンを国外に供給へ 6月末までに2000万回分

[ワシントン/チューリヒ 17日 ロイター] - バイデン米大統領は17日、米国で緊急使用を承認している新型コロナウイルスワクチン少なくとも2000万回分を6月末までに国外に供給すると発表した。

米ファイザー・独ビオンテック、米モデルナ、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)各社のワクチンが含まれる。

米政府はこれまでに英アストラゼネカ製ワクチン6000万回分の供給を計画しているが、同国で使用が承認されているワクチンの国外供給は今回が初めて。

バイデン大統領は「米国は第2次世界大戦中、民主主義を守る弾薬庫だったように、新型コロナに対する戦いで米国はワクチンの弾薬庫となる」と表明。どの国よりも多くのワクチンを他の国に届けると述べた。

ホワイトハウスは具体的にどの国にワクチンを提供するか明らかにしていないが、バイデン大統領によると、ホワイトハウスの新型コロナ対策調整官、ジェフ・ザイエンツ氏が他の国に対するワクチン提供計画も率いる。

米国はこれまでのところ、カナダとメキシコに対し数100万回分のアストラゼネカ製ワクチンを提供したのみ。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、バイデン大統領の表明を歓迎。「ワクチンを必要としている国に寄付するとの米国のコミットメントを歓迎する。世界的な公衆衛生への貢献に深く感謝する!(ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組みである)COVAXのパートナーは、公平な分配に向け準備を整えている。世界中の人々の命と生活を守るには、連帯しかない」とツイッターに投稿した。

ロイターの試算や州当局のデータによると、米国では16日までの1週間の新型コロナウイルス感染症による死者が4165人と、5週連続で減少し、2020年3月以降で最少を記録した。

新規感染者数も前週比20%減少の23万3000人で、昨年6月以来の少なさ。

米疾病対策センター(CDC)によると、16日時点で、米国の人口の約37%がワクチン接種を完了、47%が少なくとも1回目の接種を終えている。

バイデン大統領は、大幅な進展が見られているにもかかわらず、死者数は多すぎるとし、接種を受けなければ「代償を払うことになる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up