February 22, 2018 / 12:58 AM / 8 months ago

米5年債入札、まずまずの需要 間接入札者落札比率は4月以来の低さ

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米財務省が21日に実施した350億ドルの5年債入札は、まずまずの需要が集まった。

トランプ米政権による税制改革や今後2年の歳出拡大案の原資確保に向け、今週は20-22日にかけ総額2580億ドルの国債入札が実施される。2010年8月に次ぎ、過去2番目の規模となる。

5年債の落札利回りは2.658%、応札倍率は2.44倍。今回は入札の規模が拡大されたが、応札倍率は直近4回の平均水準に達した。

キャンター・フィッツジェラルドのアナリスト、ジャスティン・レデラー氏は「全体的にまずまずの結果だった」と話した。

直接入札者の落札比率は12.7%と、17年8月以来の高水準となった。

一方、間接入札者の落札比率は58%で、17年4月以来の低水準。プライマリーディーラーの落札比率は29.3%だった。

間接入札者の落札比率が低下したことは、海外勢の需要軟化を示している可能性がある。

BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏は「日本勢の資金流出がやや見られる」と指摘し、恐らくエクスポージャーをヘッジできなかったのだろうとの見方を示した。

市場では22日に行われる280億ドルの7年債US7YT=RR入札に関心が集まる。DRWトレーディングの市場ストラテジスト、ルー・ブライエン氏は「7年債は多くの海外勢が応札するのに適した水準にあることから、非常に注目している」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below