for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米30年債入札は需要さえず、応札倍率2.28倍と平均割れ

3月11日、 米財務省が実施した240億ドルの30年債入札は低調な需要にとどまった。写真は2011年2月撮影(2021年 ロイター/Lee Jae-Won)

[11日 ロイター] - 米財務省が11日に実施した240億ドルの30年債入札は低調な需要にとどまった。

最高落札利回りは2.295%と、入札前取引の水準よりも約1ベーシスポイント(bp)高くなった。応札倍率は2.28倍で、平均を下回った。

アクション・エコノミクスの国際債券部マネジングディレクター、キム・ルパート氏は「全般的に不調気味だった」とした上で、「ひどい結果ではなかったものの、最近の入札は米連邦準備理事会(FRB)以外からの需要が伸びるとの確証が得られない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up