February 18, 2019 / 1:15 AM / 7 months ago

国境の壁、米軍に必要かどうか「まだ決めていない」=国防長官代行

 2月16日、シャナハン米国防長官代行(写真)は、メキシコ国境への壁建設を巡り、米軍にとっての必要性や国防総省の予算をどれだけ充当するかについて、「まだ決定していない」と明らかにした。15日にミュンヘンで撮影(2019年 ロイター/ANDREAS GEBERT)

[米軍機上 16日 ロイター] - シャナハン米国防長官代行は16日、メキシコ国境への壁建設を巡り、米軍にとっての必要性や国防総省の予算をどれだけ充当するかについて、「まだ決定していない」と明らかにした。

トランプ米大統領は15日、議会の承認を得ずにメキシコ国境の壁建設費を確保するため、国家非常事態を宣言した。これにより、大統領は国防総省の一部予算も壁建設に回すことが可能になった。

法律に基づき、米軍施設建設予算を壁建設に充当するには、国防長官は国境の壁が軍事的に必要かどうかを判断しなければならない。

ある国防総省当局者は匿名を条件に、シャナハン氏が米軍施設建設予算から36億ドルを壁建設に振り向けることを承認する可能性が高いと述べた。

シャナハン氏はアフガニスタン・中東・欧州歴訪からの帰途、記者団に対し、「資金が振り向けられる可能性があるため、この問題が大いに注目されるとわれわれは見込んでいる」と発言。その上で、「いかなる決定もしていない」と述べ、決定を下すための手続きを確認している段階だとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below