April 8, 2019 / 2:09 AM / 3 months ago

北米映画興行収入=DCコミックス実写化「シャザム!」が初登場1位

 4月7日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、DCコミックス原作のスーパーヒーロー作品「シャザム!」(日本公開19日)が5300万ドル(約59億1700万円)で初登場首位となった。写真は主演のザッカリー・リーヴァイ。1月27日にロサンゼルスで撮影(2019年 ロイター/Monica Almeida)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、DCコミックス原作のスーパーヒーロー作品「シャザム!」(日本公開19日)が5300万ドル(約59億1700万円)で初登場首位となった。

古代の魔術師からパワーをもらい、「シャザム」と唱えるとスーパーヒーローに変身できるようになった子どもビリーの冒険を描く。この呪文はソロモン、ヘラクレス、アトラス、ゼウス、アキレス、マーキュリーの頭文字を取っており、唱えれば神々の力を得ることができる。

同作はレビューで高評価を集め、第1週週末の興収は予想の4000万―4500万ドルを上回った。コミックス原作映画の初週としては比較的低かったが、製作費は特殊効果を多用した他の作品より安上がりとなっており、利益を出すには「アクアマン」や「ワンダーウーマン」などに匹敵する興収をあげる必要はないことになる。

2位は、スティーブン・キング原作のホラー映画「ペット・セメタリー」(1989年)のリメーク「Pet Sematary(原題)」で、興収は2500万ドルだった。

3位はディズニーのファンタジー映画「ダンボ」が前週の初登場1位からランクダウンした。興収は1820万ドルと、前週から60%の大幅減となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below