May 7, 2019 / 3:50 AM / 17 days ago

北米映画興行収入=「アベンジャーズ/エンドゲーム」、2週連続で首位

 バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは「アベンジャーズ/エンドゲーム」が1億4500万ドル(約160億4500万円)を稼ぎ、公開2週目も首位を守った。4月24日、ボリビアの映画館で撮影(2019年 ロイター/David Mercado)

[ロサンゼルス 5日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは「アベンジャーズ/エンドゲーム」が1億4500万ドル(約160億4500万円)を稼ぎ、公開2週目も首位を守った。

世界興収は21億8800万ドルと、史上2番目の額となった。11日間で世界の興収が20億ドルに達した最速の映画となり、「アバター」の47日間という記録を破った。これまでに国内で6億1900万ドル、海外で15億6000万ドルの興収を上げている。

北米での興収は公開第1週の週末から59%下落したものの、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(1億1400万ドル)を抜いて史上2番目となった。

海外では、日本を除く全市場で首位を維持した。

2位はサイコスリラーの「The Intruder(原題)」で、1100万ドルを稼いだ。夫婦が夢のわが家を購入したものの、売り主が不気味なほど干渉し続けていることに気付くというホラー。

3位はセス・ローゲンとシャーリーズ・セロン出演のロマンチックコメディー「Long Shot」で、1000万ドルだった。ベビーシッターから政治家に転身し、大統領選に出馬した女性に勝とうとするジャーナリストの物語。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below