July 8, 2019 / 2:13 AM / 11 days ago

北米映画興行収入=「スパイダーマン」新作が初登場1位

 バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、人気ヒーロー映画の最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が9300万ドル(約100億9200万円)で初登場首位を飾った。6月26日、ロサンゼルスの試写会で撮影(2019年 ロイター//Danny Moloshok)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、人気ヒーロー映画の最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が9300万ドル(約100億9200万円)で初登場首位を飾った。

ただ、2017年の前作「ホームカミング」の1億1700万ドルには及ばなかった。観客の60%は男性で、25歳未満は58%だった。制作費は1億6000万ドルとみられている。主演はトム・ホランド。

「トイ・ストーリー4」(日本公開7月12日)は、前週の1位から後退。興収は3400万ドルだった。

第3位はビートルズが存在しないパラレルワールドを描いたコメディー映画「イエスタデイ」(10月11日)で、前週と変わらず。興収は1000万ドルだった。

4位はホラー「アナベル 死霊博物館」(9月20日)で、950万ドル。5位は「アラジン」で700万ドルだった。

6位には初登場の「Midsommar(原題)」が入った。祭りのためスウェーデンに旅行する友人らを描くR指定のホラーで、600万ドルを稼いだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below