July 16, 2019 / 2:09 AM / a month ago

北米映画興行収入=「スパイダーマン」最新作、2週連続トップ

 バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が2週連続トップに。写真は同作に出演したトム・ホランド。ロサンゼルスで開かれたプレミア上映会で6月撮影(2019年 ロイター/Danny Moloshok)

[ロサンゼルス 14日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、人気ヒーロー映画の最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が4500万ドル(約48億5500万円)で2週連続トップとなった。

2位は「トイ・ストーリー4」(日本公開7月12日)。興収は2000万ドルだった。

3位は初登場のスリラー作品「Crawl(原題)」で1200万ドルを稼いだ。大規模なハリケーンがフロリダ州を襲った後にワニから逃れようとする父と娘を描いた作品。観客の大半は18─44歳だった。

4位も今週初登場の「Stuber」で、興収は800万ドル。ディズニーがフォックスの映画事業を引き継いでから初のR指定作品となる。ウーバーの運転手が警察官の乗客を乗せるというストーリー。

5位はビートルズが存在しないパラレルワールドを描いた、ダニー・ボイル監督によるロマンチックコメディー映画「イエスタデイ」(同10月11日)。興収は670万ドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below