July 10, 2019 / 4:41 PM / 6 days ago

トランプ氏酷評の極秘公電流出、ハッキングの証拠なし=英高官

[ロンドン 10日 ロイター] - 英外務省高官のサイモン・マクドナルド氏は10日、英国のキム・ダロック駐米大使が英政府に宛てた極秘公電がハッキングによって流出したことを示す証拠はないと述べた。ただ調査は継続中という。

英紙メール・オン・サンデーは先週末、ダロック大使が英政府向けの極秘公電でトランプ政権を「機能不全」で「無能」と評していたと報道。トランプ大統領は9日にダロック大使を「いかれた男」、メイ英首相を「愚か者」と呼び、英国に対する「口撃」を強め、ダロック大使は10日に辞任した。

マクドナルド氏は極秘公電の傍受に米国が関与している可能性はあるかとの問いに対し、「個人的な見解は『ノー』だ。英国は米国と非常に緊密な関係にあり、互いにスパイ行為を行うことはない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below