July 8, 2019 / 5:14 PM / 5 months ago

トランプ米政権酷評の機密文書流出は「遺憾」、英政府が見解

[ロンドン 8日 ロイター] - 英国大使がトランプ米政権を「無能だ」などと酷評した機密文書が流出したことについて、英国政府は8日、遺憾の意を表明した。

英首相報道官は「今回の件についてはすでにトランプ政権と連絡を取っており、文書の流出は容認できない旨を伝えた。こうしたことが起こったことは真に遺憾だ」と述べた上で、文書を流出させた人物の特定を急いでいると明らかにした。

英紙メール・オン・サンデーは7日、キム・ダロック駐米大使による英国政府向けの2017年から現在までの機密メモの内容を報道。ダロック氏はメモの中で「トランプ政権が今より正常になるとは思えない。機能不全や予測不能性、分裂状態、外交的な不器用さ、無能さが大きく改善するとは考えていない」などと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below