February 13, 2018 / 7:11 AM / 9 days ago

米予算教書、再生可能エネルギーなどの研究予算を削減

[ワシントン 12日 ロイター] - 米エネルギー省のマーク・メネゼス次官は、トランプ米大統領が公表した2019会計年度(18年10月─19年9月)の予算教書において、再生可能エネルギーやエネルギー効率化などの研究予算が65%以上削減されたと明かした。

同研究室に割り当てられた19年度予算は6億9600万ドル。17年度予算から13億ドル減少する。

次官は記者団に対し、予算削減理由として、電気自動車バッテリーや風力発電技術、太陽光発電技術など「それぞれの事業を達成したため」と説明した。

石炭や天然ガスなど化石燃料を用いる最新電力システムの効率化に向けた研究予算は19%超増加の5億0200万ドルだった。

エネルギー省全体の予算は5億ドル増の306億ドル。同省国家核安全保障局への予算は前年度から約12億ドル増加する。

一方、新型原子炉技術の研究開発に向けた予算は17年度から2億5900万ドル減少し7億5700万ドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below