for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TikTok・オラクル提携案、米中当局の承認必要=バイトダンス

 9月17日、短編動画投稿アプリ「TikTok」を傘下に持つ中国のバイトダンスは、同アプリを巡り米オラクルと技術提携するという自社提案について、最終的に米中両当局の承認が必要になるとの認識を示した。写真はTikTokとバイトダンスのロゴ。2019年11月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[北京 17日 ロイター] - 短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を傘下に持つ中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は17日、同アプリを巡り米ソフトウエア大手オラクルORCL.Nと技術提携するという自社提案について、最終的に米中両当局の承認が必要になるとの認識を示した。

週末にトランプ米政権に提示したこの提案は、オラクルが「信頼ある」技術パートナーとなり、「TikTok Global」を米国に本社を置く企業とする内容。事情に詳しい関係筋がロイターに明らかにしたところによると、バイトダンスはTikTokの過半を保有する方針。

ただ、トランプ米大統領は16日、バイトダンスがTikTok米国事業の過半株式を維持するという同案を問題視。バイトダンスが支配し続けるアイデアは気に入らないと述べた。[nL4N2GE07N]

また、中国国営メディアは17日、バイトダンスの声明文を基に、米国への同社提案にはTikTokの事業もしくは技術の完全売却は盛り込まれていないと伝えた。ロイターはバイトダンスにこの内容の詳細を尋ねたが、コメントを拒否された。

中国外務省は17日、メディアからの質問に対し、米国は市場経済と公正な競争の原則を尊重し、通常の経済・貿易協力を政治化する姿勢を改めるべきだとの立場を改めて強調した。

中国は先月下旬、輸出管理規則を改定。TikTokのユーザー推薦アルゴリズムといった技術を外国の買い手に移転するにあたって自国が発言権を持てるようにした。中国の当局者はこれまで、バイトダンスは米国に合意を強要されるべきではないとしている。

ロイターはこれまで、オラクルとの提携について、バイトダンスがTikTokのアルゴリズムの輸出ライセンスを中国当局に申請する必要はない見通しだと伝えていた。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up