September 11, 2018 / 1:02 AM / 2 months ago

米加州、2045年までに100%クリーンエネルギーに 知事が署名

 9月10日、米カリフォルニア州のブラウン知事は、2045年までに州内の全ての電力を二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーにする法案に署名した。写真は同知事。1月にサクラメントで撮影(2018年 ロイター/Fred Greaves)

[10日 ロイター] - 米カリフォルニア州のブラウン知事は10日、2045年までに州内の全ての電力を二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーにする法案に署名した。

ブラウン知事はサクラメントで行われた署名式典で、この州法により、トランプ政権が離脱を決定した地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」をカリフォルニア州は支持するというメッセージを送る、と述べた。

「われわれはパリ協定を履行する」と強調し、二酸化炭素排出をゼロにする道を今後も進むと説明した。

ハワイ州でも州としてパリ協定を履行する同様の州法が成立している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below