May 31, 2019 / 4:12 AM / 17 days ago

A・カッチャー、知人女性の殺害事件の裁判で証言

 米俳優アシュトン・カッチャーさん(41)は29日、知人女性がその自宅で殺害されていた事件の裁判で証言し、死亡を知った際「震え上がった」と述べた。ロサンゼルスの裁判所で撮影(2019年 ロイター/Genaro Molina)

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米俳優アシュトン・カッチャーさん(41)は29日、知人女性がその自宅で殺害されていた事件の裁判で証言し、死亡を知った際「震え上がった」と述べた。

ロサンゼルス市のニュースサービスによると、カッチャーさんは2001年2月22日夜、服飾デザインを専攻する学生アシュリー・エレリンさん(22)のハリウッドにある自宅にデートのため向かった。だが、電話から2時間後に到着すると、灯りはついているのにドアが施錠されていたという。

カッチャーさんは、来るのが遅れたことで「失敗したと思った」と述べ、エレリンさんは友人と外出してしまったのだろうと思ったと話した。この際、窓から室内をのぞいて「カーペットに赤ワインがこぼれていると思った」と証言した。

エレリンさんは翌朝、遺体となってルームメイトに発見された。47カ所の刺し傷があったという。

「ハリウッド・リッパー」の異名を取る容疑者のマイケル・ガルジューロは、エレリンさんや他の2人の殺害などの疑いで起訴されており、無罪を主張している。

カッチャーさんは映画「スティーブ・ジョブズ」に主演したほか、エンジェル投資家としても知られる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below