November 15, 2019 / 11:10 AM / a month ago

カナダのデジタル税構想阻止を、米経済団体が政府に陳情書

[ワシントン 15日 ロイター] - 米国商工会議所など10以上の米経済団体が、カナダのデジタルサービス税構想を阻止するよう米政府に要請した。

この構想は、10月の総選挙期間中にトルドー首相が提案した。米商工会議所などは、ポンペオ国務長官、ムニューシン財務長官、ロス商務長官、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表に宛てた書簡で、デジタルサービス税が導入されれば、カナダのハイテク市場への投資に悪影響を及ぼし、世界貿易機関(WTO)、北米自由貿易協定(NAFTA)、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)のもとでのカナダのコミットメント順守が危うくなると指摘。

「カナダがこの提案を進めるのをやめさせるよう、早期の対応を要請する」とした。

トルドー首相が提案したデジタルサービス税は、フランスのものと類似しており、世界売上高が少なくとも10億カナダドル、カナダでの売上高が4000万カナダドルを超えるデジタル企業について、オンライン広告とユーザー情報の販売収入に対し新たに3%の税を課す内容で、2020年4月1日の施行を予定している。

書簡は「この提案は意図的に米国企業を狙い打ちしている」と懸念を示し、「国際税ルールはデジタル時代に対応して改正されるべきだが、米企業に対する差別的課税は正しいアプローチではない」と主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below