for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米共和党支持者のトランプ氏評価、やや悪化 議会襲撃調査の公聴会後

 7月21日、昨年1月の米連邦議会襲撃を調査する米下院特別委員会の公聴会がテレビ報道されたここ6週間で、トランプ前大統領(写真)に対する共和党支持者の見方がやや悪化したことが、21日公表のロイター/イプソス調査で明らかになった。写真はテキサス州 ヒューストンで5月撮影(2022年 ロイター/Shannon Stapleton )

[ワシントン 21日 ロイター] - 昨年1月の米連邦議会襲撃を調査する米下院特別委員会の公聴会がテレビ報道されたここ6週間で、トランプ前大統領に対する共和党支持者の見方がやや悪化したことが、21日公表のロイター/イプソス調査で明らかになった。

襲撃事件について、トランプ氏に少なくとも責任の一端があるとの回答は共和党支持者の40%を占め、6月初めに実施した調査の33%から増えた。

共和党支持者の3分の1は、トランプ氏が2024年の大統領選に再出馬するべきではないと答えた。6月初めにはこの割合が4分の1だった。

大半の回答者は、多かれ少なかれ公聴会を追っていると答え、まったく聞いたことが無いとの回答は約25%にとどまった。

もっとも多くの共和党支持者は今も、公聴会や刑事捜査で明らかになった事実に反する認識を持っていることも明らかになった。

共和党支持者の55%は、トランプ氏は相手方の不正が原因で2020年の大統領選に敗れたと回答。この割合は6月初めの67%からは減ったものの、過半数を維持した。

共和党支持者の約57%は、議会を襲撃した人の大半は平和的で法を順守していたと答え、この割合は6月初めとほぼ同じだった。また共和党支持者の過半数は、襲撃を主導したのは左派だったとの認識を示した。

襲撃事件では5人が死亡し、検察によると逮捕者数百人のほぼ全員がトランプ氏支持者だった。

調査は20日から21日にかけて全米の成人1005人を対象にオンライン方式で実施。言語は英語で、回答は21日の第8回公聴会の数時間前に締め切られた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up