July 5, 2019 / 3:48 PM / 2 months ago

トランプ政権、市民権質問追加を撤回せず 人種偏見巡る訴訟開始へ

[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ米政権は5日、2020年の国勢調査に米市民権に関する質問を盛り込む方針を撤回しないと表明した。

司法省はこの日、メリーランド州連邦地裁のヘーゼル判事に提出した文書で、市民権に関する質問を国勢調査に追加する新たな法的根拠を示さなかったものの、最終決定に至っていないことを明らかにした。

ヘーゼル判事は、市民権の質問を盛り込む最終的な決定を、同日午後2時(日本時間6日午前3時)までに提出するよう政府に求めていた。

判事は司法省の示した方針を踏まえ、政府の決定が人種偏見に基づくものだったかどうかを巡る訴訟を開始するよう命じた。トランプ政権は同訴訟の差し止めを求めていた。

トランプ大統領はこの日、市民権に関する質問を調査に追加することを巡り、「大統領令を含め、多くの作業に取り組んでいる」とし、大統領令の発令を検討していることを明らかにした。

ホワイトハウス報道官は前日、市民権に関する質問を盛り込むことを目指し、「すべての選択肢」を検討していると表明している。

トランプ大統領はまた、市民権に関する質問を後日、調査票に加えることも可能との考えも示唆した。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below