for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中首脳会談、意思伝達の経路維持が狙い=ホワイトハウス

[ワシントン 10日 ロイター] - 米ホワイトハウスのサキ報道官は10日、米中首脳が9日行った電話会談について、意思伝達の経路を維持することが狙いだったと明らかにした。

バイデン大統領は中国の習近平国家主席と電話で会談。両首脳が直接話すのは2月以来、約7カ月ぶりで、会談は90分にわたって行われた。

サキ報道官は会談の様子について、礼儀正しく率直だったと指摘。新型コロナウイルスを含め、一連の国際問題が議題になったと述べた。新型コロナの起源を巡ってバイデン氏が習氏に圧力をかけたかどうかには触れなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up