September 18, 2018 / 4:36 AM / a month ago

米国の一国主義・保護主義、世界経済に打撃=中国商務相

[北京 18日 ロイター] - 中国の鍾山商務相は17日に外国企業代表者と面会した際、米国の一国主義と保護主義は、米中双方の利益に影響を及ぼし、世界経済に打撃となるとの考えを示した。

 9月18日、中国の鍾山商務相(写真)は17日に外国企業代表者と面会した際、米国の一国主義と保護主義は、米中双方の利益に影響を及ぼし、世界経済に打撃となるとの考えを示した。写真は3月北京で撮影(2018年 ロイター)

商務省が声明を発表した。

鍾山商務相は、貿易戦争で勝者はいないとし、協力が唯一の正しい選択肢だとの見方を示した。また、開放を加速し、企業にとってより良い事業環境をつくると表明した。

同相は、サムスン電子(005930.KS)、トヨタ自動車(7203.T)、HSBCホールディングス(0005.HK)、コーエン・グループなどの企業代表と面会。商務省によると、企業の代表らは、中国への投資を今後も拡大し、中国との協力をさらに進める方針を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below