for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米下院、対中競争・半導体強化法案を可決 上院と妥協案交渉へ

米議会下院は4日、中国に対する米国の競争力向上や米半導体業界への支援を目的とした法案を賛成222、反対210の僅差で可決した。2020年3月撮影(2022年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米議会下院は4日、中国に対する米国の競争力向上や米半導体業界への支援を目的とした法案を賛成222、反対210の僅差で可決した。

共和党が反対したが、おおむね党派に沿って可決された。共和党議員1人が賛成に回った一方、民主党議員1人が反対票を投じた。

下院での法案可決により、妥協案に関する上院との交渉が開始される。この交渉は数週間から数カ月かかる可能性がある。

下院の法案には520億ドルの半導体業界向け支援や450億ドルのサプライチェーン(供給網)を巡る問題への対応、中国の市場歪曲的な貿易慣行を相殺する米国の貿易ルールの変更などが盛り込まれている。

レモンド商務長官は4日、下院での法案可決を受け、上下両院の交渉が数カ月も長引く理由はないとし、合意に向けた議会の迅速な対応を求めた

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up