for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヒューストンの中国総領事館が閉鎖・撤収、米国務省職員が現地に

 米政府が閉鎖を命じたテキサス州ヒューストンの中国総領事館では24日、職員が撤収し、その後米当局者とみられる複数の人物が裏口から中に入る様子が見られた。(2020年 ロイター/Gary McWilliams)

[ヒューストン 24日 ロイター] - 米政府が閉鎖を命じたテキサス州ヒューストンの中国総領事館では24日、職員が撤収し、その後米当局者とみられる複数の人物が裏口から中に入る様子が見られた。

このグループは、閉鎖期限の現地時間午後4時過ぎ、裏口のドアをこじ開けて建物の中に入った。所属を尋ねる報道関係者の質問には答えなかった。

その後、米国務省外交保安局の職員2人が現場に到着し、入り口の警備に当たった。記者団の質問には応じなかった。

現場にいた人によると、中国領事館職員は午後4時過ぎ、裏口がこじ開けられる前に建物を出て、車でその場を後にしたという。

こうした動きについて、中国大使館や米国務省はコメントの要請に応じていない。

領事館の外では、トラックに荷物を積み込む職員に対し、中国共産党に批判的な約100人の中国人活動家らがやじを飛ばす場面も見られた。

米政府高官は同日、中国が米国内の在外公館を通じてスパイ活動など悪意ある行動に従事しているとした上で、ヒューストンの中国総領事館が関与していた活動は「容認できる線を超えていた」との認識を示した。[nL3N2EV3CQ]

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up