for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米政府、中国対応で欧州との連携強化を=上院外交委

(記者会見の内容を追加しました)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米上院外交委員会のジム・リッシュ委員長(共和党)は18日、中国の脅威に対抗するため欧州の同盟国と緊密に協力するよう政府に求める報告書を公表した。

報告書で、米国は「ますます対立的になる中国に対抗するために、信頼できる同盟国やパートナー国と協力する準備を整える必要がある」と指摘。外交問題が最も重要とした上で、中国政府は「世界中のあらゆる地域の繁栄、安全保障、優れたガバナンスを弱体化させようとしている」とした。

また、欧米の民主主義国は中国がもたらす脅威を認識し始めているが、虚偽情報に対応し、中国に関する専門知識を養い、増大する中国の影響力から国連のような国際機関の信頼性を守るためにより多くのことを行う必要があると強調。「欧米のどちらか一方で中国を巡る課題に対応することはできない。成功に向けた唯一の道筋は協力することだ」とした。

米ニュースサイト「アクシオス」は17日、米国務省は民主主義や人権、法の支配を促進するために米国の同盟システム強化や国際機関の改革もしくは新設を呼び掛ける詳細な対中政策を発表する予定と報じた。

欧州議会のデビッド・マカリスター議員はリッシュ氏、英下院外交委員会のトゥーゲンハット委員長と共に記者会見し「パートナーシップを再開し関係を強化する時だ」と述べた。

トゥーゲンハット氏は「団結してこそわれわれは自由を守ることができる」と語った。

マカリスター氏は通商における一段の協力が重要と強調し、米国に対し、政権交代後に世界保健機関(WHO)などの国際機関への関与を強めるよう求めた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up